歯科医師

歯科医師は年々増加しています。なんとその数10万人を超えています。最近では歯科医師が増えたことにより業界競争が激しくなっています。一般治療以外にも審美歯科もあります。

歯を紛失した場合

歯を万が一紛失した場合インプラントを施すと最適です。インプラントでは、保険の適用がされないため、全て自己負担になってしまいますが、失った歯を再生することができます。

歯を治療する

治療のみならず美容目的で歯科に通う人が増えていますが、主に虫歯治療がほとんどです。歯に沈着してしまった色素を取り除くことができ、輝く白い歯に仕上げることができます。

歯列矯正

歯列矯正をする際は、まず歯並びをチェックします。その後どの器具を使って歯列矯正をするか医師が的確な判断をくだします。ライフスタイルや予算から自分に適したものを選択する必要があります。

虫歯予防

最新の機材で安全な治療をしてくれます!ホワイトニング治療を渋谷でしたいとおもった方は、コチラに一度相談してみてください!

虫歯はなってから治療するのではなく、虫歯にならないように予防をすることが大切です。予防歯科は、虫歯の予防ができる歯医者さんの診療科目です。予防歯科を受診する際には、健康保険証を用意しておくことが必要です。 予防歯科で行われている診療のほとんどは、保険診療の対象になっています。国は虫歯を予防することが極めて大切であると考えているため、予防歯科は保険診療が可能になっています。 健康保険証を忘れると、自費診療になってしまうので注意が必要です。保険証がなくても、記号番号がわかると保険診療で診察が受けられます。健康保険証のコピーでも診察を受けることは可能です。 予防歯科の中には、一部の診療が自由診療になっている場合もあるので、事前に確認しておくことが必要です。

予防歯科では、虫歯や歯周病の予防をするための治療を行ってくれます。主な治療には、フッ素塗布や3DSなどがあります。フッ素塗布は500円から1000円程度の料金でしてもらえます。 フッ素塗布は、予防歯科の代表的な虫歯予防の方法です。歯にフッ素を塗ることによって、虫歯や歯槽膿漏を予防することができます。フッ素塗布は小児でも大人でも行うことができます。 予防歯科では、歯磨きの指導も受けられます。正しい歯磨きの方法が身につくと、虫歯や歯周病の予防に大きく貢献します。歯磨きの指導は保険診療の対象に含まれます。 予防歯科では歯石の除去も行っています。歯石を除去することによって、虫歯や歯周病を予防することにつながります。