歯列矯正

歯列矯正をするときにかかるのが、矯正前にする検査費と矯正装置にかかる矯正費用、そして矯正中のメンテナンス費用です。歯列矯正をする前には、歯並びをチェックしてどんな矯正装置があっているかを調べ、矯正スケジュールを組み立てる作業があります。予算やライフスタイルなどを考えて、医師と相談しながら矯正装置を選択していく形になります。この事前の検査に5万円〜9万円ほどの費用がかかります。 歯列矯正はブランケット矯正やマウスピース矯正など矯正装置ごとに費用が異なり、40万円〜120万円と費用に幅があります。矯正装置をつけている間は1ヵ月に一回ペースで装置の調整をする必要があります。通院一回ごとに5千円前後の医療費がかかります。

歯列矯正には表側矯正と裏側矯正があります。表側矯正は歯の表側に金属ブランケット、または審美ブランケットを装着して矯正をする方法です。もっともメジャーな治療法であり、費用的にも安いので、他の矯正よりもコストを抑える事ができます。 裏側矯正は歯の裏側に金属ブランケットを装着する方法です。歯の裏側なので普段しゃべったり物を食べたりしてもまったく目立つことがなく、審美性に優れています。上の歯だけ裏側にして下の歯は表側にするハーフリンガル矯正もあります。目立ちやすい上の歯だけ裏側にする事で上下とも裏側にするよりもコストを抑えられます。 社会人になってから歯の矯正をする人のほとんどが、裏側矯正など目立たない矯正治療を選択しているそうです。